スマートヒヤリングエイドサービスブログ

スマートヒヤリングの補聴器販売担当が日々の出来事をお伝えいたします

オーダーメイドシェルの再作・修正について

皆様こんにちは(^^)

寒波到来で、連日すごく寒い日が続いておりますが、いかがお

しでしょうか?十分に暖かく湿度も適度にされてご自愛下さい。


さて、今回のテーマは「オーダーメイドシェルの再作等」につい

てです。業界言葉を用いずに、簡単に?説明しますと「補聴器

専門家に耳型を採ってもらい、作製した補聴器が、耳合わ

ない場合、サイズを修正したり、作り直してもらうこと」つい

今回お伝えしたいと思います(^^ゞ

オーダーメイドシェルのシェル(貝殻)とは、上記画像の金色の

部分をさします。耳の型を採っているので多くの場合、ちょうど

良いサイズに仕上がります。ですがたまに「大きくて入れにくい」

ことや、「小さくて外れやすい」ことが発生してしまいます。

普通、ベテランの補聴器店の販売員さんなら、納品時にすぐ気

付くのですが、そうでもないケースもあります。実際、補聴器の

説明書には「耳あな補聴器が耳に入りにくい場合は、販売店に

ご相談下さい」と書かれています。

そういう場合どうしたらよいのでしょうか?

少しわかりにくいとは思いますが、上記の画像はシェルを小さく

再作した例です。

上のシェルが再作後、下のシェルが再作前です。下の方が空

なのは、電子部品を抜き去ったあとだからです。こちらの場合、

お客様が入れにくいと思われて小さく再作し入れやすくなった

例です。費用は多くのメーカーで購入から半年~1年までで

あれば無償で何度でも作りなおすことができます。ご購入後

1年以上経つと、原則3万円くらいの有償修理扱いとなります。


ご覧になられた方で、もし耳あな型補聴器の入れ心地に不安

がある方、もしくはご家族が使用者であまり補聴器をつけたが

らない場合、それは入れ心地のわるさに原因があるのかもしれ

ません。気になる方は一度ご相談されてみてはいかがでしょう?


本日もさいごまでご覧いただきありがとうございました。

今年ものこりわずか、どうぞ良いお年をお迎え下さい。

2018年12月30日(日)

補聴器店

スマートヒヤリングエイドサービス

担当:奥田 肇(おくだ はじめ)


アフターフォロー

皆様こんにちは(^^)

本日も、不定期更新に関わらず、スマートヒヤリングエイド

サービスのブログをご覧いただだき誠に有難うございます。

今回は、アフターフォローについてご報告いたします。

あるケースです。それは前日にご家族様よりお電話ありま

した。ご入院先で補聴器が故障し困っているとの事。

ただちに病院にお伺いしました。

早速確認しますと、全く音が出ていません。看護師さんや

リハビリの先生もコミュニケーションがとれずお困りの様子

でした。

原因は、搬送時や病院のベットでつけたまま寝た際などに

おきた圧着のようで、音導チューブ等が折れ曲がっていま

した。

こちらはメンテナンス後の画像です。部品交換やクリーニング

が完了しています。この後、「よくきこえます!」と大変およろ

こび下さいました。看護師さんや、リハビリの先生は、

補聴器メンテナンスの出張サービスがあることに感心されて

いました。

私共は、ご入居先のどこへでも出張でまいります。

移動困難な方、ご家族がお忙しくてサポートが受けられない

にもご安心いただいております。


きこえの事でお困りの際はお気軽にお問合せ下さい(^^)

本日もさいごまでお付き合い下さりありがとうございます。

だんだん寒くなってきました。皆様もご自愛専一にてお過し

下さい。

2018年11月11日(日)

補聴器店

スマートヒヤリングエイドサービス

担当:奥田 肇(おくだ はじめ)




補聴器をあまり使っていない

皆様こんにちは(^^)


本日も不定期にも関わらず、私共スマートヒヤリングエイド

サービスのブログにお付き合い下さり本当にありがとうござ

います。

今回のテーマは「せっかく補聴器を買ったのにあまり使って

いらっしゃらない」ケースをとりあげてみました。

85歳以上の高齢のお客様等で、ご家族様からご相談いただ

きます。自店・他店購入問わずにです。原因を追えばいろい

ろあるのですが、ジャパントラック等の市場調査でもあった

通り「面倒くさい」を理由にあげる方が結構いらっしゃいま

す。なにが面倒なのか?それは「つけ外し」「スイッチ入切」

「電池交換」「音量調整」などまずは基本動作があげられま

す。4番目の音量調整に関しては、最近の補聴器はオートマ

チックになっていますので、テレビや電話や音楽プレイヤー

とワイヤレスで接続して使用するなどアドバンスモードに至

る方を除いて面倒でなくなりました。


一方、2番目、3番目のスイッチ入切・電池交換対策に関して

はまさにこれです。

充電式補聴器です。価格は少々お高くなりますが、購入後の

使用率はとても高いです。先述の1番目つける外すだけを頑

っていただければよいからかもしれません。


このブログをご覧になられた方で、ご家族様(難聴者)が折

角買ったのに全然使ってくれないとお困りの場合は一度ご検

討されてみてはいかがでしょうか?


本日もさいごまでお読みいただいてありがとうございました。

天候不順の折、皆様くれぐれもご自愛専一にてお過し下さい。

2018年8月26日(日)

補聴器店

スマートヒヤリングエイドサービス

奥田 肇(おくだ はじめ)


« 前のページ  次ページへ »

 

2019年2月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アーカイブ